FC2ブログ
みなさんのことを少しでも光で照らしてあげれたらな、と思います。 それが例えどんな小さな光でも・・。
10日ほど前に非常に興味深い質問をいただきました。
さっそく調べて参りましたので、皆様もご参考になさってください。

              ~質問内容~

スロットのイベントを見極めよう!記事より)
スロイベントの見極めかたで質問させてください。
設置台数の1/3で5,6といった場合、計算数値上ではガセの可能性は高いと思うのですが、もしそのイベントが有名雑誌やTVなどとのコラボ企画であった場合も、ガセの可能性は高いでしょうか?

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

確かに気になるところです。

回答です。
ほぼガセだと考えて下さい。

雑誌に関して詳しく書きます。(同様、テレビもメディアなので調べた結果理由は同じでした)

前提として、雑誌を発行するにあたってスポンサーがあります。
(もしくは、自費出版)
スポンサーが、その店舗(グループ)であればガセでない可能性は考えられます。
でも、今までそんな出版の仕方はないそうです。

有名雑誌の時点で1グループが雑誌のスポンサーを全て担えません。
そして、結果「各グループ共同出資」(1割)、もしくは「雑誌会社が店舗に記事作成時名前を使わせてもらう事の承諾」(9割)という事まで教えて頂きました。

この時点で合同イベントはアテになりません。
広告と同じです。
日付がしっかり明記されていると、より人がたくさん来るので出てるように見える事もあります。

更に、雑誌のスポンサーはメーカーである事が多いのです。
記事には当然機種が載ります。

後に「合同イベントにより、この機種でこれだけでた。」などです。
さぁ、お気づきだと思いますが、その機種はメーカーにとって大切な宣伝材料ではないでしょうか?

雑誌会社はこの機種をどれにするか、打診します。
メーカーと金額が折り合えば、掲載という流れです。

合同イベントの大目的は、
・雑誌が売れる
・メーカーの印象を高める
・来客数を増やす
この3点だったのです。

・客への還元
これは入っていませんでした。

とあるグループにお聞きしましたところ、最初から客への還元をする場合、「通常のお店のイベントの出玉」で勝負するのが基本だそうです。

情報は大切ですが、取捨選択を間違えると大変な事になります。
貴重な質問ありがとうございます。

注意:完全に全て上記に当てはまるとは限りません。
もしかすると、パチンコ店の量から言っても、ガセではないこともあるかもしれません。
可能性は非常に低いと断言しておきますね。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



スポンサーサイト



高設定台が多いから、客が多いという理由ではありません。

『いかにして低設定台を稼動させるか』にあります。


例えば  設定6 と 設定1 での稼働率で考えてみましょう。

下手すると、設定1は1日空台で、設定6だけ打たれる。
これでは、高設定台を多く入れることは出来ません。


設定1を打ち込んでくれる人が多ければ多いほど、高設定はたくさん入れることができます。

設定1を打ってくれる人が多い。
そういった客層が多い店ほど、高設定を多数入れてます。

客は全員が全員、出玉だけでパチンコ店を選ぶ訳ではありません。
出玉以外の部分でも努力している店が強いくなります。

接客や清掃やサービス等、力を入れている店がそうです。

マルハンが強い理由は、ここでしょう。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



実は本当に熱いイベントをする場合は、プラマイ0で計画を組みます。

決して無謀な赤字で計画を組まないのです。
赤字の分を他の日に分配した方がトータル的に稼動がつきます。

イベントは他の日にどれだけ稼働を持って来れるかが店の腕の見せ所と考えましょう。

そう考えると、実はイベントが本物かどうか見破ることが可能なんです。
例えば、全機種「1/2で金」とかいうイベントですと明らかに赤字ですので、ガセイベントの可能性大です。


プラマイ0の計画で、いかにして派手なうたい文句を作れるかが集客力ということになります。

1回でもガセイベントをするパチンコ店は、何度でもガセイベントをします。
しかし、ガセイベントを嫌う店長は貫き通します。

イベントのうたい文句で、明らかに赤字になるようなイベントは「ガセ」と思って下さい。

例でいうと 

エヴァ 全台 6or5or4  
エヴァ 15台 他120台

とします。
そしてうたい文句は「エヴァ全台 金or銀or銅」

これだと、利益が取れる計画になります。

本当の可能性大


しかし、

「エヴァ・蒼天・鬼武者 全台 金or銀or銅」 がうたい文句で 

エヴァ・蒼天・鬼武者 =120台
  
 他         =120台

だと絶対赤字なので、100%ガセとなります。

つまり、スロットの激熱イベントが本当かガセか、ある程度計算で見破れるということです。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



「カバン屋」って言葉聞いてことありますか?

業界ではカバン屋業者というものが存在します。
裏基盤を販売している業者のことです。

当然、違法です。
表立った仕事はしません。

裏基盤とは、メーカーの正規のロムを改造して、ゲーム性を変えて連荘するようにしたりするものです。
そのゲーム性は正規のものに比べて全く違うといっても過言ではありません。

わたしも体験してみて驚きました。

そして何より驚いたのが、その性能。

例えば、

・7連荘1セット
・モーニング機能
・天井機能
・小役発生率OO%カット
・BIGOO%カット
・32Gまで連チャンゾーン

とこんなにも細かく設定できるのです。

それだけではありません。
この「カバン屋」と呼ばれる業者が、基盤を取り付ける作業にかかる時間は、ものの5分。
1台たった5分で裏基盤に変えられます。

今の5号機を考えると、パチンコ店が裏基盤にしたい気持ちも分かります。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



意図的に、角台に高設定を入れることがあるのか?

これはオカルトではなく角の台に高設定を入れて見せ台にする為十分あり得ます。

しかし、それには、幾つかの条件があります。

・元々稼動が少ないパチンコ店
・イベントなのに、客が少ない
・イベントの告知で高設定の数をあまりいわない

まず。基本的に稼動があるイベントでは、角台は稼動がつきやすいので、わざわざ高設定を入れる必要がありません。

パチンコと違って、スロットの出玉は島外からは見えにくいので、角の台が出ていると、その機種に引き寄せられることは心理上あり得ます。

角の台に高設定を多く入れる店は癖があるので、その後も見抜きやすいと思います。
年末年始は難しいですが、正月明けに稼動が減るパチンコ店は狙い目になりますね。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



最近は警察の取締りがかなり厳しくなったので裏基盤の設置は極端に少なくなりました。

昔は裏基盤といえば2種類あり、

・パチンコ店側で取り付ける裏基盤
・ゴト師が取り付ける裏基盤

でした。

実は一時期、パチンコ店側が意図的に設置していることが多かったのです。
それ故に裏基盤の特徴を聞いてきました。

裏基盤の特徴として最も多いのは、「リールのぶれ」です。
説明によると、安物の裏基盤であればあるほど、リールの停止の仕方がおかしいようです。

具体的に言うと

・リール停止時、リールが弾むように停止する
・リールがずれて停止する。
・リールが回りだす時も、リールの揺れが起きる

このようなものが一般的に起き得ます。(台があまりに古い場合は別ですので間違えないようにしてください)

どうしても正規の基盤でないと、リールがぶれることが多い。
これは知っていても悪いことはありませんよ。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



みなさんは、スロットで「全台4、5、6」イベントを見たことがありますか?
もしくは現行で開催してる店を知ってますか?

そっこう結論を言います。
等価交換での店の場合、ガセの可能性が9割は越えています。

なぜでしょう?
簡単に計算しても全台4の日を作ったとすると月に2回が限界です。
それでも、かなりの赤字になる可能性が高いです。

社員の給料、新台の費用、光熱費など店には異常なほど出費があります。
このイベントは、思ってるよりきついイベントです。

実は法律上閉店を迎えてからの場合、客に設定確認をさせることは違法ではありません。
つまり、設定確認させてもらえる店なら本当でしょう。

しかし、現実はそういう店もあまりないはずです。
そうなると、知る術がないのに信用しろということとなるのです。

先ほど「全台4の日を作ったとすると月に2回が限界」といいました。
よって、全台4、5、6というイベントをそれ以上やっていたら完全にガセイベントになります。

みなさんに設定2と4の区別ができますか?
ボーナスの絵柄によって色に偏りがある機種があるため、奇数偶数は分かるという前提で話していきます。

実は子役カウンターで測っても8000回転だと子役の数は収束しません。
設定4の場合、設定2のように少々少なめになったり、設定6のように少々多めになります。

実は18000回転で初めて子役は収束します。
そのように検定では定められているのです。

1日で18000回転回すことは不可能なので、判別は厳しいのです。

ただ、子役カウンターを使っていくら偏りがあったとしても、設定6を設定2と計測することはほぼありません。
しかし、設定2を設定4と計測してしまうことはあります。

つまり、全台4、5、6イベントは1/3が設定6で2/3が設定2の可能性が抜群に高いのです。

これはパチンコ店側のリスクは格段に少ないんです。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



みなさんは、いったいお店にいくら持っていきますか?

いきなりですが、資金は多ければ多いほどいいです。
設定6であっても当然荒れることはあります。

その荒れに耐えるためには、資金に余裕を持たなくてはいけないのです。

また、最初に選んだ台が低設定で資金を多少失っても、資金に余裕があれば次の台で挽回することができる。
お金がなければそこで終了です。

ちなみに参考にわたしの持っていくお金を書いておきます。

朝一からの稼働で6万円
夕方、夜からの稼働で3万円ですね

当然、「これだけある」という考えで打ってはいけませんよ!!
ちなみに今の5号機では6万使ってしまったら、勝ちはほぼ不可能ですからね!
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



スロットの優秀台発表というのは、だいたいどの店でやっています。

本日は優秀台というより、朝一に公表している激熱台発表について書きます。

・金台、銀台、銅台

・虹札、赤札、緑札

・チェリー札、スイカ札、ベル札

様々ありますね。
もう、種類は店によって違うので把握できません。

しかし、なぜこれをやるのかというと、これを辞めると稼動が思いっきり下がってしまうからです。

風営法改正で、表記もどんどん厳しくなっています。
札ではなくアナウンス、メルマガなどにしているところも多いですね。
どのパチンコ店も警察の目を気にしながら、なんとかうまくやっています。

しかし本題は、この札やアナウンスがどこまで信用できるものなのか・・ということです。
客からすると朝一からの公表は不安になりますね。

わたしの知り合いのパチンコ店経営者は、金台発表を行っていますが、金台はその店では設定6です。
そして、勇気があるのは設定6の金台については、営業終了後に客が要望する場合、スロットの設定確認を一緒に行やっています。

発表が、「金台または銀台もしくは銅台」と発表した場合は、設定4か5か6ということなので、設定確認はできないようにしているそうです。

しかし、そういう発表の場合実際に入っている設定は4だと言っていました。
もし、わざわざ設定5を入れたなら、銀台と公表した方が客は喜ぶと言っていました。
イメージの問題ですが、設定5の台をわざわざ設定4か5か6とは言わないようです。

そして発表台が金台となっている場合のみ、設定確認をしているようです。
しかし、その瞬間は縮みあがるほど恐ろしい瞬間なんだそうです。

「実は嘘」とかの問題ではなく、何百台もの台数の設定を変更するので、人間ですから、ミスがありますよね。
不安いっぱいでも、客との信頼関係を大事にしているため設定確認をやっているようです。

しかし、あろうことか、間違っていたことがあるそうです。
それから恐怖症になったと言っていましたが・・。
客との交渉でコイン補償をし、景品を渡すことで納得してもらったことがあるようでほんとに、苦しかったようです。

お金が絡む上に、朝一から打ち続けてたわけですから、怒る方の気持ちもよく分かります。
とある客には、別の日に設定6を打たせろと言われたようですが、それはサクラ行為になってしまうため何とか理解してもらったそうです。

それからもヒヤヒヤしながら公開しているのでそれは本当に優良店だと思います。

皆さんもそんな店を探しましょう。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



現在の5号機でのスロットで重要なことは、知識、情報だということは何度も言ってきました。

では、知識があれば勝てるのか?勝ててる方はそのまま今までお話ししてきたことを実行していただいて、このまま勝ち続けて下さい!

勝てない方、ではなぜ勝てないのでしょう。

まず、前提として、スロットで勝つために知識、情報をかなり集め勉強している人はたくさんいます。
その人たちが全員勝つわけがありません。

むしろ負けてる人が多いかもしれません。

考えられる点は2てんほどです。

1、正しい知識、情報がない

これは雑誌などに惑わされて情報が混乱している場合におこります。
小さく「弊社での検証結果に基づき記載しています」などと書いてある雑誌のデータはメーカーが作ったロムと一致しないことはよくあります。
これは簡単に克服できはずなので、今回はこれくらいしか触れません。

2、正しい知識、情報があっても実行できない

これは精神的なものに原因があることが多いです。
正しい知識、情報があっても「徹底」していないと意味がないんです。


ダメな例

店に来た

高設定らしき台がない

でもせっかく来たからちょっとだけ。今日は遊びだ。楽しもう・・・。


店に来た

イベントをやってる

どうも今日のイベントはあまり信憑性がない気がする

でも、イベントだし、もしかしたら勝てるかも・・・。


こんな感じの方いませんか?
パチンコ店での弱い心はお金を失っていきますよ。

スロットで知識、情報は命です。
しかし、あなたがはその知識、情報を扱うんです。
その心が弱くては知識も情報も価値を失います。

精神面を鍛えることも、店選び、台選び同様に大切なことですよ!







FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



「ちょっと注意のホール(同条件のホールの比較方法)」でも比べられない場合の最後の手段です。

これはホール側としては意としない、アクシデントでのことです。
そして、スロットに特化する場合になります。

それは他店メダルです。

出玉に他店メダルが含まれてる場合、それは誰かが持ち込んだものです。
つまり、稼働とは裏腹にホールは全くの利益を得ていません。
むしろ、ただの人件費、電気代の無駄です。

一人当たりが持ち込む枚数が少なくても、合計するとかなりの金額になり、スロットコーナーの悩みなんです。

仮に集団で一人20枚×100人で持ち込みメダルをした場合4万円分ホールは損します。
そんな集団はいないと思っている方、過去には何度もあったんですよ。

競合店Bをつぶしたいと思うAのホールが、派遣を雇います。
まず、派遣全員にA店のメダルがバレない程度配られ打ちます。
メダルが無くなると、トイレなどに行くふりをして、管理者からメダルをもらい、また回す。
ボーナスが出たら即流す。

こんなことが頻繁に起きていたのです。
残念なことに疑われるのは、後に回した客の出玉にA店のメダルがかなり入ってきます。
客はあらぬ疑いをかけられたりしてB店は悪循環に陥るのです。

その他にも、最近は自宅で中古スロットを買う人も増えています。
当然その時にメダルも買うのですが、ホールではないので実は500枚1000円や2000円で買えるのです。
販売店も自宅のみの使用を約束して売っていますので、その点には問題はありませんが、当然実機で反応するものですから、ホールに持ち込めば使えます。

1回で30枚しか持ち込まなくても、合計100日行けば6万分ですね。

このようにそのホールで使われてるメダルじゃないメダルが、出玉に多くみられた場合、その店は仕方なく他の客から回収するしかないのです。

現行犯でなくては捕まえられないので、非常に悩んでるところです。
しかし、店にもだいたいノルマがあるので仕方なく他の客から回収することになります。

基本他店メダルは破棄しますので、出玉からでてきた場合、近日中にその台に入れられたと考えください。
つまり、その後回収せざるをえなくなります。

微妙な選び方ですが、出玉に他店メダルの出てくる店、流すときに他店メダルに店員がシビアになっている店・・・これらはバレない程度の設定を下げ他の客から回収していることをお忘れなく。







FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



昨日はゴールデンウィークのパチンコを打つ場合についての注意点と立ち回りを書きました。
本日はスロット編で書きたいと思います。

早速本題へ入っていきましょう。

ゴールデンウィークにスロットを打つべきか?
これはパチンコより悩みます。

やはり、状況は同じ勝手に客がやって来る期間には、必要以上に出す必要がないんです。
店も、楽に利益をとりたいですからね。

パチンコと違ってあまりおすすめはできません。

しかし、この期間に勝負する価値がある例をあげます。
それに当てはまる場合は行きましょう!

その例とは、その地域に客付きの非常に良いパチンコ屋があり、そのライバル店が何店舗かある場合です。

スロットを打つ方なら分かると思いますが、店のイメージがありませんか?
スロットを打つならここ!って感じの。

この場合、ライバル店にとっては巻き返しを図る絶好のチャンスになります。
ゴールデンウィークはそもそも出ないイメージがついているので「ゴールデンウィークなのにこんなに出た」とイメージをつければ今後の営業に確実にプラスになります。

そんな店はゴールデンウィークにマイナス営業を計画することもあるんです。
店からすると、「今まで来なかった客を取り込む大チャンス」なんです。

まとめると、普段から客が入っている店  ⇒   行ってはダメ
苦戦していただろう店          ⇒   狙い目   

だから、ゴールデンウィークにスロットを打つなら「普段は競合店舗に客をとられてる店を狙う!」ということです。
客付きをよくしようと考えてる店を逆手にとってやる考えですね。

例えば最近1,2ヶ月で、新規オープンまたはリニューアルオープンしている  ⇒  狙い目

恐らく店側はオープンで客付けに失敗してもゴールデンウィークで客を取り戻す事業計画があるはずです。
なら、稼がせてもらいましょう。

ゴールデンウィークのメリットはこれだけではありません。
ゴールデンウィーク故に来た客がたくさんいます。
普段スロットをやらない客です。
パチンコがいっぱいで流れてきた客、理由は様々でしょう。

つまり、機種の知識が無い人が、普段以上に多いはずです。

ハイエナチャンス!
天井前捨て、高設定捨て・・・いろいろ多発します。

ぱちんこほど大きなチャンスはないですが、ここら辺を頭に入れて立ち回りましょう!
頑張ってください。



FC2    人気    殿堂    








FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



昨日書きました記事で機械割に関し触れましたが、「機械割とは何か?」という質問を受けました。

これについて説明しようと思います。

機械割とはパチスロでどれ位のメダルが出るかの目安の数値です。
「払い出された枚数÷投入された枚数」で求められる数値。

仮に5,000枚の投入に対し5,000枚の払い出しが得られた場合、機械割は100%となります。
パチスロで「勝つ」ということは、これが100%以上になることを意味します。

110%の台に3,000枚分(1,000回転)つぎ込んだとすれば3,300枚が放出されることとなり、3000枚=60,000円の投資に対して66,000円を得ます。(6,000円勝ち)
逆に90%の台に3,000枚投資したとすれば2,700枚放出・300枚の減数ということとなり、60,000円の投資に対して払戻しは54,000円になる。 (6,000円負け)

機械割は設定によって異なります。
低設定⇒100%未満
高設定⇒100%以上
と考えてください。

現在のところ最高設定で120%を超える機種は存在しません。

確率という不確定要素が絡む話であるため、この値は理論値と捉えましょう。

100%を超える台でプレイして必ずしも勝てるわけではなく、その逆も当然ありえる。
短期的に見た場合に機械割からズレたような払い戻しが見られることはよくありますから。
前の人が出た台を打てば勝てるというわけではないというのは当然です。

機械割の通りに払い出し枚数が収束するまでには数万~数十万回のプレイ数が必要とも言われているようです。

ただ、台の機械割を把握しておいて悪いことは絶対ないでしょう。


FC2    人気    殿堂    






FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



可能性は低いお話をします。

でも、ありえないというわけではないというのが、経営者からの説明の事実ですので書いておきます。(当然お話を聞いた経営者の方は体験済みです)

スロットで天井越えても、ボーナス放出(もしくは最近ではRT、ARTなど発動)しないとかのトラブルがあります。
答えは『データ表示機』にあります。
大当たり信号が何かしらのトラブルで、上がらなくなっているのが原因です。

そもそもデータ表示機の仕組みとはどうなってるのでしょう。

遊技台から、細い配線で『大当たり』『回転数』『RB(スロットの場合)』を吸い上げてます。

パチンコ ・・・ 大当たり、確率変動、スタート
スロット ・・・ BB、RB、回転数(スタート)、AT(特殊配線の場合)

『遊技台』→『中継機器』→『データ表示機』の順番で配線を通って信号が吸い上げられます。
もしこのどこかで、配線が断線してたりすると、どれかの要素がデータに繁栄されない可能性があります。

例えばスロットで、RB信号だけ上がらないようなトラブルになったとしますと、本当はRBが発生したのに、途中で回転数がリセットされずに、天井回転数を越えるようなトラブルになりえます。


滅多には起こりませんが、新台入替初日とかはありえるようです。
遊技台を設置・移動した際に、きちんと配線されてないケースや、中継機器が壊れてしまった時等です。


こんなこと書くと、不安になられるかと思います。
しかし、滅多にないことですが、ありえるとだけ覚えておいて頂きたいです。

もう1つ、データ表示機の『大当たり回数』が当たらないのに、上がることもあります。
大当たり中の電源を入り切りすると、大当たり回数が上がってしまうというものです。(持ち越し可能な店で遊戯の方は分かりますよね)

BB中に何かトラブルが発生し、店員を呼んだら電源を入り切りして直してもらった。ここで1回余分にBBが計上されてしまいます。
例えばの話ですが、閉店時にBB中のスロットがあって、その電源の入り切りを店側が10回やれば、数秒で10回BBが上がります。




くつろぐ    リンク&人気    とれまが    タイム






FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



普通スロットの設定は、店長や主任など店舗の上役の人が決めます。
しかし、企業によっては、店ではなく「本部」の人が決める場合もあることを知っておいてください。

常に「本部」の人が設定を決めるパチンコ店は、店長は決められた設定を指示通り入れるだけ。
全ての営業管理を「本部」で行う店の特徴は、細かい設定配分や打ち換えがないので、「出る台が数日続く」などがあり得ます。

例としては、最大店舗数を有する「ダイナム」です(現在もそうかは分かりませんが)。

企業の考えとしては、簡単です。
店長は店のマネージメントで利益管理は「本部」で行うスタンスということですね。

実際にお客様を見ながら設定を決めた方が、普通に考えると良いように思えますが、仕事量の多い店長の仕事を本部が受け持つことで、違う面に力を注いでもらえるというメリットがあります。
更に1店舗単位でみるのではなく企業全体として見るので、安定して利益を得れるんですね。

ただ、店長職の最大の魅力を取られた形で、店長の店を良くしようというモチベーションが低くなることもありえますよね。

そうすると、「本部」が設定を決めるパチンコ店は、設定が大雑把になり意外と「読みやすい」設定配分になるんです。
凝った設定にする必要もなく、1台1台の管理というよりは、全体の出率さえ合えば構わない。
高設定台も両端かど真ん中。余り工夫をしない。

普通のパチンコ店だと当然「読まれにくく設定を入れる」という意思が店長に働きます。

逆に、、「本部」が設定を決める経営方針の企業だと毎日通えるお客様にはありがたい話。

ある意味癖を一度掴めば、「いつも同じ人が出している」とかお客を気にしてないで設定を入れることになりますね。
数字だけしか見てないので、勝ち続けれる可能性は高くなります。





FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



パチンコ、スロットのカテゴリーで前回バラエティコーナーについて触れました。
今回はスロットのみについてのバラエティコーナーについて書いてみようと思います。

先に結論をいいます。
やはり、バラエティーコーナーに設定が入っている率は非常に低いです。
たまに積んでる人を見かけてもそれは偶然だと思うようにしましょう。
9割以上の店が設定を入れてません。
3台ずつくらい並べてあるコーナーももうバラエティコーナーだと思ってくださって結構です!

やはり、パチンコ店側の一番のメリットは、機械代金が無料に近いということ。
一般的にですがスロットで新台ですと35万~60万くらいかかります。
特に今の時代は液晶が大きく、様々な演出、ボタン、モードなど細かな配慮をしないと客はつきません。
4号機の特に比べ価格は大きく上がっているようです。

バラエティーコーナーに導入する機種は、中古なので無料~10万円です。
もしくは以前に新台で買ったものを残しておきバラエティーコーナーに回す場合は当然0円ですね。(その機種を全台撤去しないということです)

機械代が掛からないとういことは、本当は甘く使えるんですが、そういうことはしません。
ホールは辛い営業をして、その利益を新台に回してるんです。

バラエティーコーナーをそんなに出さない理由は、単純です。
客が飛んでも、機械代ゼロだったし、別にいいや、という考えです。

新台を設定入ってないと完全に思い込みの方はご注意です。
今は新台を出さないとその台はバラエティーコーナー行きになります。
機械代がバカにならない今の時代、出していい印象をつけることに必死です。
昔のように新台ALL設定1にしてその分、北斗、吉宗、番長などに回すという営業方法はとっていません。

特に検定が長い機種は、どうにかしてお客様を飛ばさないようにパチンコ店も工夫しています。
今後どのスロットをやるかを考えるのに、検定切れがいつなのか把握するのも一つの方法です。

検定切れが近い機種を出す意味がありません。




くつろぐ    リンク&人気    とれまが    タイム




FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



あなたはスロットで収支表をつけていますか?

つけていないなら、今からでもいいです。つけましょう。
これが実は勝率に大きく影響してくるのです。(わたしはこれは最大の攻略法だと思ってるくらいです)

面倒だと思いますが、そんな時間はかかるものではないです。

内容は

1、打った店
2、イベント名
3、打った台
4、投資額
5、回収額
6、何台も打ったなら台ごとで4,5をつけることが好ましいですね
7、合計収支
8、感想、反省
9、収支表をつけ始めてからのトータル収支金額

です。

まず、最大のメリットは自分にかなり厳しくなりますよ。
理由は簡単。
いくら負けてるか明確に把握しているからです。
逆もあります。
今これだけ勝ってるのだから、もう少し勝ちを増やすためには・・・
など自身の現状を知るということでかなり立ち回りの幅がかわります。


そしてヤメ時も考えられるようになります。
8000円でも買ってた場合、収支表に8000円分プラスと書け、負け額が減るのは嬉しいのもです。
価値額がさらに増えるのはもっと嬉しいものです。

そして、収支表を嫌がる人の特徴も簡単に分かります。
それは負けてるからです。

現実を知りたくない・・・こんなとこです。
計100万負けてたら、当然収支表なんてアホらしく、好きなように打つでしょう。

過去は過去です。
今からをスタートに収支表をつけていない人はつけましょう!

負けも現実ですから、今後の負けはちゃんと受け止める必要があります。
別に仰々しいものに書かなくても手書きでノートにでも構いません。
パソコンに書いても構いません。

そして、わたしが最も重要だと思うのが8番の感想、反省なんです。

勉強と同じです。
最初から問題は解けません。
復習も現実把握も大切です。

・どうして、その台を打ったのか
・どうして、あのタイミングでやめたのか

こんなことから、実は過去に大勝ちした台に、何度も座ったりしてる傾向があるかもしれません。
必ず、何か分かります。

周りの感想でも構いません。

・今日のイベント台ははどうだったか
・なぜ、あの人はいつも勝っているのか

ほんと何でもいいです。
勝ち負けだけが意味があることではないのです。

意外と書いてみると、自分のマズかったことが分かってきます。
つまり、これからどうすればいいのかわかるようになりますよ。


リンク&人気    とれまが    タイム    ファイブ






FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



当然店によって異なりますが、今回は店長がスロットの設定を決める場合に固執した記事を書きたいと思います。

大きな勘違いをしている方がいるかもしれませんが、実はBB回数というのはあまり気にしていません。

客側から分かる情報とはなんでしょう?

・BB回数

・RB回数

・総回転数

・ボーナス間回転数

これくらいですね。

客はBBが30回以上であれば、出ている台だなと思いがちです。
逆手に、明日は出ないかもとか考えてしまうかもしれません。

しかし、店長が設定を決める場合何を見ているのでしょう?

・差玉  (1日トータルでどれくらいの利益が取れたか、赤字になったかを示すもの)

・稼動数 (1日で何枚の打ち込み枚数であったかを示すもの)

です。

結局は、利益がとれたかどうか + どれくらい動いたか
これくらいしか見ないのです。

実は設定決めにそんなには時間を掛けません。
わたしの知り合いの店長は200台のスロットで20~25分と言っていました。

意外と深く考えてません。
これは客目線と、店長目線の違いです。

設定を決めるときに当たり回数は全く気にしてないことを考えると・・・だいたいどこの台にどんな感じで設定が入ってくるか、癖が見えてきますよ!!



くつろぐ    リンク&人気    とれまが    タイム








FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



今回はスロットの稼働率から、勝率を少しでも上げようという記事です。

まず、スロットは、稼動のある店とそうでない店が分かれてきてます。
スロッター立ちならわかりますよね。

今の時勢なら、50%くらいの稼動があれば良い店の部類ではないでしょうか。

例えば、「60%稼動」のお店と「30%稼動」のお店を比較してみましょう。
台数が同じなら、取らなければならない「利益」に大きな相違はありません。

稼動が倍違うというのは、売上が倍違います⇒当然利益率が倍違ってきます。

単純計算で、1ヶ月での平均設定(当然店によって違いますが)は「0.8」くらい異なってくるそうです。
30%稼動のお店だと、平均設定は「1.5」を下回るようになっている状況ということです。

そして名言です。
「今の時勢なら、地域1番店か2番店で遊技するのが勝ち率をあげることとなる」と聞きました!!


ファイブ    AIR    FC2    人気





FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



「10円スロット」最近増えてきてますよね。 

千円で100枚の貸コイン(これは当然) それから 例えば 換金も100枚で千円 としましょう。

この条件で考えてみれば、換金上損がないわけで、客から見れば、低資金で長く遊べるメリットがありますね。

でも、果たして本当にそうなのでしょうか?


店側が「10円スロット」にする理由
これを考えてみましょう。
貸コインが10円ということは、単純に考えて売上が半分になります。

当然店の利益も半分になります。
これでは、店が10円にしたメリットが全くありません。

店は10円にすることにより、「色をだす」ように他店との差別化を図り、稼動を上げに努力します。

稼動が2倍以上の伸びれば成功で、売上が元よりあがります。
しかし、実際は2倍になることは難しいのです。

ここからが大切なところですが、何故その店は 「10円スロット」にしたか? ということです。。
だんだん分かってきたと思いますが、「10円スロット」にするのは、元々稼動がなく、それ以外打つ手がないからです。

実状は、元々稼動がない店が10円にしたからといって、稼動が2倍になることは稀です。


もっと店側の視点で見てみましょう。
売上が減ると 「10円スロット」にして稼動が2倍にならない店の選択肢は二つ。

① 利益率を高くする(設定をいれない) 

② 新台入替費を抑える

分かると思いますが、①も②もますます悪循環に陥り、更に稼動が落ちます。

経営者からききました。
10円スロットにして稼動が上がる店なら、元のままでも営業努力で稼動を上げれるはずだと。
つまり、「10円スロットで安心して遊べる」というのはどうかと。
間違いなく普通のパチンコ店の方が、利益率は低い良心的営業でしょう。

ということでした。

皆さんも考えてお店を選んでくださいね。



ファイブ    AIR    FC2    人気








FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR