FC2ブログ
みなさんのことを少しでも光で照らしてあげれたらな、と思います。 それが例えどんな小さな光でも・・。
追記希望の機種連絡を受けましたので追加しておきました。
ぜひ、参考にしてください。

計算式は「パチンコの機種のボーダーラインについて1」の計算方法に基づく算出です。


ぱちんこCR北斗の拳剛掌HVJA

ぱちんこCR北斗の拳剛掌HVJA


2.8円   20.1
3円     19.5
3.3円   18.7
3.5円   18.3
4円     17.4


遠慮なく計算して欲しいものがあれば連絡をください。

FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
スポンサーサイト



久々に日記を書きたいと思います。

最近FF13を始めました。

みなさんからしたら「遅っ!!」って思うかもしれませんが、なかなかまとまった時間ができなく今更スタートです。

このゲームはやたらとお金が貯まらない。

敵を倒してもギルが手に入らない。

敵が落としたアイテムか宝箱から手に入れたアイテムを売るしかない。

そこで、よくあるネットでの攻略サイトを見てみると一番最初にくるポイントでも「第7章 商業都市パルムポルム」まで行かないといけないという。

仕方ないのでストーリーを第7章まで進めた。

やり方は
「エストハイム邸にて、敵が襲撃してくるとき、家の中心には行かずに、無限に湧いてくるサイコム兵を倒し続ける」というもの。

ここのサイコム兵は倒しやすい上に、
通常:フェニックスの尾  売却額500G
レア:プレミアムチップ  売却額2500G

を落とす。

確かに、普通の地域での戦闘だと、一度倒した敵が出てくるまで時間がかかる。
しかし7章のエストハイム邸では、敵を倒してもすぐまた新しいものが出てきました。

これは今までに比べて効率がいい!と思い永遠にやっていました。



お金貯め!!


バカなくらい永遠にやってました。


お金貯め!!まだまだ!

どうやらこのゲームはストーリーだけだと60時間くらいでクリアできるようです。

13章まであるのにまだ7章・・・。

やってみると何やってんだか。

しかも、もっと先にはもっともっと効率がいいものがあるだろうに。

でも、映像が綺麗だし、終わって欲しくないってのも気持ち的にはあります。

そろそろ第7章は抜けたいと思います!!
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
みなさんは、いったいお店にいくら持っていきますか?

いきなりですが、資金は多ければ多いほどいいです。
設定6であっても当然荒れることはあります。

その荒れに耐えるためには、資金に余裕を持たなくてはいけないのです。

また、最初に選んだ台が低設定で資金を多少失っても、資金に余裕があれば次の台で挽回することができる。
お金がなければそこで終了です。

ちなみに参考にわたしの持っていくお金を書いておきます。

朝一からの稼働で6万円
夕方、夜からの稼働で3万円ですね

当然、「これだけある」という考えで打ってはいけませんよ!!
ちなみに今の5号機では6万使ってしまったら、勝ちはほぼ不可能ですからね!
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
は行

・ホッパー
ボーナスや小役が揃い、クレジットが50以上になるとコイン払い出し口からコインを払い出す装置。

・ホールコンピューター
ホールにおいて売り上げや出玉を管理するコンピューター。

・ビタ押し
絵柄をコマ数でとめるので目押しよりも技術を必要とする。

・ハマる(嵌り)
一定ゲーム数を回してもボーナスが当らない状態のことを指す。

・変則打ち
基本は順押し(左、中、右)。

・ハサミ打ち
(左、右、中)の順でストップボタンを押したり、逆押し(右、中、左)の順でストップボタンを止める事。

・フリー打ち
適当押し 通常、左側から順番に止めるストップボタンをどのボタンから止めても良い状態を指す。

・ハイエナ
他人が天井近くまで回して止めた台をすかさずキープして打つ事。

・ヒキ
運。タイミング良くST解除小役を引けたり、引けなかったりする事。

・BIGボーナス
主に7絵柄が揃うとBIGボーナスになる。

・BETボタン(ベット)
クレジットが貯まった状態でBETボタンを押す事によりコインを投入しなくても遊戯できる装置。
MAXBETとは3枚分同時に投入されるボタンの事を指す。
1枚掛けは1BET、2枚掛けは2BETになる。

・バケ
主にBAR絵柄や7・7・BAR絵柄が揃うとREGボーナスになる。
バケ、オバケとも言われる。(BIGがREGにバケた等)



ま行

・目押し
狙った絵柄をリール枠内に止める行為。
ボーナス成立後は目押しでボーナス絵柄を狙う。
又、通常時の小役成立時にも目押しが必要。

MH(マイホール)
マイホ(マイホールのイニシャル)いきつけのパチンコ・パチスロ店の事。



や行

・予告音
レバーを叩いた時に出る音(通常音)とは違う音。
チャンスの時に出る事が多い。


ら行

・リーチ目
ボーナス成立ゲームでボーナスを揃えられない場合に出るリール出目。

・REGボーナス
主にBAR絵柄や7・7・BAR絵柄が揃うとREGボーナスになる。
バケ、オバケとも言われる。(BIGがREGにバケた等)


わ行
Y-type(ワイタイプ)
山佐が出している機種「ナイツ」限定のタイプ。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



さ行
・設定
パチスロの当選確率等を段階的に調節する事。
設定6が勝ち易い設定で設定1が一番負け易い設定になる。
通常は設定1から6までの6段階だが、変則的に2段階設定や4段階設定の台もある。
一時期パチンコ台にも設定があった。

・サブ基盤
メイン基盤で制御できない演出やAT等を制御する為に、台に付いている補助的な基盤。

・島
パチスロがホール内で8台~10台設置されている場所。

・スベり(すべる)
パチスロは内部的に成立させてその結果をリールに表示する。
狙った通りに絵柄が揃ってしまうと、毎回揃ってしまうのでそれを防ぐ為の制御。
スベりの制御は最大4コマまで。

・SINボーナス
特定小役や純ハズレを引いた時にJACゲームを1回だけ消化する事が出来るボーナス。
最近の台では一般的な小役として扱われているが払い出しやJACゲームが発生する事はない。

・純ハズレ(完全ハズレ)
AT機やST機は常に小役に当選しているが、押し順等で揃わない様に制御しているだけなのでハズレ目が出ても内部的には小役が成立している。
小役成立の無い状態のハズレを引いた時に純ハズレが成立する。
ATの当選やST解除の契機になる事が多い。

・セレクター
コイン投入口に付いているコインの投入枚数をカウントしたりする装置。

・スイチェ
スイカ及びチェリー(BIG中等の数統計に使用する呼称)



た行

・チャンス目
リーチ目とは違い、この出目はATに突入する条件や、ボーナスを放出する条件になる。
あくまでチャンスなので確定という訳ではない。

・CZ
RTやARTに突入する為の準備モード。
CZ中の特定小役成立や入賞でRTorARTに突入する。

・低確率
高確率の逆の状態。通常はこの状態で、殆どボーナスの抽選が行われない。

・天井
特定のゲーム数に到達すると、強制的にボーナス放出やRTを発動させる機能。

・天国モード(高確率)
特定のゲーム数までボーナス当選確率の高い状態を指す。

・単独ボーナス
小役との同時抽選(重複)時の当選ではなく、純粋にボーナスに当選した事を指す。

・鉄板
100%大当たりする事。

・当確
大当たり(ボーナス)当選確定の事。


な行

・入賞
内部的に成立した役が揃う事を指す。

FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
あ行

・朝一         
朝から1ゲームも稼動していない状態の台。

・空き台        
誰も遊戯していない台の事を指す。

・甘い          
打ち手にとって有利な状況を指す。

・OUT枚数        
パチスロで払い出されたコインの事を指す。

・1確目       
1確目とは1リール停止時でボーナスが確定している事を指す。
(2リール停止時にボーナス確定の場合は2確目になる。)

・IN枚数        
パチスロで投入したコインの事を指す。

・RT           
リプレイタイムの略。
通常ゲーム中のリプレイ確率が上がり、コインが減りにくくなる機能。

・AT           
アシストタイムの略。
通常ゲームで獲得できない小役を獲得できるようにナビしてくれる機能。(押し順等)

・ANY          
パチスロのリーチ目等を説明する際に使用する言葉で、何が止まっても良いという意味。

・裏モノ(基盤)     
正規のルートを通ってきでおらず、改造されたパチスロ台のロム基盤の事。
特徴として、通常のスロット台より小役がカットされたり、ボーナス確率が偏っている。
ハマリが深い台や、特定の条件を満たすと連荘するなどの特徴がある。

・WAIT
コインを投入してから4.1秒経たないとリールが回らない仕組み。
1日に消化出来るゲーム数を制限する為にこの様な仕様になっている。

・ST(最近はCZとも呼ばれる)           
ストックタイムの略。
ボーナスやARTを一時的に内部にストック(貯める)して特定の条件を満たした場合に放出する。

・LED    
パチンコやパチスロ台に付いている電飾。最近の台では色の矛盾で高確率状態を示唆する台もある。

・ART     
アシストタイム+リプレイタイムの略。
ATとRTが合体したのがART。
小役獲得でコインを増やしながらリプレイによりゲーム数を稼ぐ機能。

・遠隔操作       
パチンコ台やパチスロ台を遠方から不正操作する事。

・遅れ
レバーを叩いた時に出る音(通常音)がリールの回転よりも遅れて出る事を指す。

・沖スロ       
沖縄専用のパチスロ台の事。沖縄専用と言いながら全国に設置されている。
コインが通常25Фに比べ30Фと大きいのが特徴。

・オカルト(オカルト情報)
噂で繋がる根拠無き情報の事。

・オスイチ
お座り一撃(座って1Gで大当たりを当てる事)。



か行

・高確率(状態)
ボーナス終了後や特殊小役成立後に特定のゲーム数だけこの状態になる。
ボーナス放出やATに当選する確率が高い状態を指す。

・合成確率
パチスロのBIGボーナスとREG(MIDDLE)ボーナスの合算確率を指す。
ちなみに計算式は次の通り。(分母A×分母B)÷(分母A+分母B)

・カニ歩き    
設定変更等の可能性が高い台や、宵越し天井台などを探すために次から次へ台を移動していく
カニのように横に移動する様を指す。

・辛い   
打ち手にとって不利な状況を指す。

・キズネタ
出玉を制御する基盤にプログラムバグがあり、何らかの手順を踏むとコインが出る様になる方法(情報)。

・機械割     
パチスロ台でコインを何枚投入して何枚の払い出しが得られるかの基準値になる。
機械割100%で±0になる。
機械割に関しては詳しくこちらで説明しています。

・基盤      
主にボーナスの抽選や小役の抽選を制御する為にパチスロ台に付いている。

・空回し    
ストップボタンを押さずにリールを回している状態の事を指す。

・カチ盛り   
ドル箱(箱)にコインを山のようにガチガチに詰める事。

・ゴト師    
出玉、設定に関係なく、強引にコインや玉をパチスロ・パチンコ台から出す人。
セレクターゴトや体感機ゴト、周波数ゴトなどが主流。

・コマ(絵柄)
リールの絵柄を指す。

・小役    
7やBAR以外の成立役を指す。ベルやチェリー、リプレイも小役になる。

・小役同時抽選
小役成立(当選)とボーナス成立(当選)が同時に成立する事。
ちなみに、5号機から認められる様になった。

・クレジット
打ち始めはクレジット0。
コインを複数枚投入したり、小役、ボーナスの成立により払い出しが発生した時に一時的にコインを払い出さずに貯めておける装置。
上限は50枚までで、50枚以上になると払い出される。

・~k(~ケー)
1,000円単位の事。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



昔のファミコンについてです

ほんと最初のファミリーコンピューターってあったと思いますが、覚えていますか?
わたしはまだかなり小さかったうえに、ゲームに興味を持っていなかったので気にしていませんでしたが、最近なんとなく気になったことがあります。
2コンにマイクが付いていたこと。

なぜ付いていたのかが気になりました。
そして、なぜ敢えて2コンにつけたのかと。

さっそく調べてみました!!

「開発者の声」というところで聞いてみたところ、あくまでもゲームの「おまけ要素」として付けたと解答が返ってきました。

実際、マイクに向かって叫ぶと、「敵が全滅する」、「アイテムの値段が安くなる」、「1UPする」、「アイテムが手に入る」など、様々なゲームで様々な遊び要素があったようです。

他にも、「爆笑人生劇場」というゲームなどマイクを使わないとゲームが進行しないゲームもあったみたいですね。

とはいえ、「~と叫ばないといけない」とあっても、音声認識の機能はなかったので、音を拾ったかどうかしか認識は出来なかったということです。

あと、2コンに付けたのはあくまでも「おまけ要素」だからということです。

メインはコントローラーを使って操作するゲームですので、マイクをメインで付けるのは本末転倒になるとのことから、2コンということになったようです。

更に「こういった物をサブ機能で付ければ面白いのでは?」というので、敢えてサブ感を出すためにも2コンに付けたという理由も聞かせてもらいました。

他にも、2コンから予算削減の為にスターとボタンとセレクトボタンをなくした際に、コントローラーの表面部分がすごい簡素なものになり、50円未満で付けれる物を探した所、マイクが30円で付けれたので付けてみたという、開発者の声もありますね。

調べてみると面白いことがたくさん分かりますね!
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
本日はパチスロ真鬼武者攻略 状態移行に関してまとめたいと思います。

先日の記事で細かなパーセンテージより情報の方が欲しいと連絡をいただきましたので、今回はそのような形で書いていきます。

まず、状態には

低確
通常
高確
超高確

の4種類があります。

1、ボーナスでの状態移行

・BIG終了後のの状態移行

BIG成立時が低確の場合

低確 へ50%
高確 へ50%

BIG成立時が通常の場合

通常 へ50%
高確 へ50%

BIG成立時が高確の場合

高確 へ100%

BIG成立時が超高確の場合

超高確 へ100%

・REG終了後のの状態移行

REG成立時が低確通常の場合

高確  へ90%
超高確 へ10%

BIG成立時が高確超高確の場合

超高確 へ100%


ポイント:ボーナスでの状態移行に設定差なし


2、子役での状態移行

状態UPのメインは共通ベルとスイカ

低確滞在時

共通ベルでの設定差大!!

共通ベル 通常への移行率

設定1  25,1%
設定2  15,1%
設定3  25,1%
設定4  15,1%
設定5  30,1%
設定6  15,1%


ポイント:奇数設定は通常へ移行しやすい。
     低確から高確へ移行する可能性もあるが移行することは稀で大きな設定差もない。

通常時滞在

状態UPの特徴は低確中と同じ

ハズレ・通常リプレイの2%で低確へ転落

ポイント:低確への移行率はほぼ設定差なし。
     奇数設定が高確移行率に優遇されている。
     低確への転落率は1/68でほぼ設定差がない

高確時滞在

スイカ、強チェリー、中段チェリーでの状態移行はなし

ハズレ、通常リプレイでの転落
低確 へ1,5%
通常 へ1,5%


ポイント:高確中でも子役での超高確移行は難しい
     低確・通常への転落割合は同一


超高確時滞在

ハズレ、通常リプレイで7%転落

ポイント:通常時、ART時共に滞在ゲーム数は短めとなる
     超高確からは高確へのみ移行
     実質的な高確転落率は約1/20


以上が状態移行のまとめです。

超高確移行はREG後に期待
夜ステージ移行ゲーム=超高確

次回は鬼武者の醍醐味、ART詳細を書きたいと思います。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
まず、パチスロ真鬼武者の子役&ボーナスについて書きたいと思います。

この台はボーナス確率に設定差はほとんどありません。

・ボーナス抽選確率

設定1  BIG1/394,8  REG1/789.6  合算1/263,2

設定2  BIG1/368,2  REG1/736.4  合算1/245,5

設定3  BIG1/381,0  REG1/762.0  合算1/254,0

設定4  BIG1/368,2  REG1/736.4  合算1/245,5

設定5  BIG1/381,0  REG1/762.6  合算1/254,0

設定6  BIG1/344,9  REG1/689.9  合算1/230,0

偶数設定は若干だが確率が高い


・成立役別 同時抽選期待度

設定1
スイカ       20,2%  
チェリー    17,9%  
チェリー   0.595%
共通ベル     0.41%


設定2
スイカ       21,6%  
チェリー    20,0%  
チェリー   0.588%
共通ベル     0.39%


設定3
スイカ       20,6%  
チェリー    18,6%  
チェリー   0.581%
共通ベル     0.38%


設定4
スイカ       21,6%  
チェリー    20,0%  
チェリー   0.575%
共通ベル     0.36%


設定5
スイカ       20,6%  
チェリー    18,6%  
チェリー   0.568%
共通ベル     0.34%


設定6
スイカ       22,7%  
チェリー    21,6%  
チェリー   0.562%
共通ベル     0.32%

同時抽選期待度はほとんど設定差なし。
スイカ、チェリーで設定看破は不向き

設定差なし同時抽選期待子役

以下の子役は発生率も設定差なし

中段チェリー  17,9%
一枚役      93,8%
確定チェリー   100%


・ボーナス中のフリーズ発生期待度

平行揃い  BIG中 1/16384  REG中 1/1638,4

斜め揃い  BIG中 1/16384  REG中 1/1638,4

合算      BIG中 1/8192   REG中 1/819,2

平均消化ゲーム数
BIG  ほぼ 34G  フリーズ発生期待度 0,4% 

REG ほぼ 10G  フリーズ発生期待度 1,2%


次にこの台の大まかなポイントを書いておきます。

・子役確率で注目したいのは共通ベルと左第1押し順ベル。
ただし、中や右第1ベル成立時の1/4は左第1から止めても揃うので、AT中やART中でないと押し順ベルは正確にカウントできない難点がある。

左第1押し順ベル合算確率

設定1  1/26,21

設定2  1/24,20

設定3  1/24,56

設定4  1/22,88

設定5  1/23,27

設定6  1/21,85

1/23以上で出現するようなら高設定かもしれない。

特に、朝一からロングARTに入る場合もあるので、その時は出玉に安心せず好機と考えてベルを数えましょう。
低設定であろうとロングARTに突入することは十分あり得るので、展開に関わらずしっかり見極めたいところ。


・ART上乗せゲーム数に注目(前提として状態がかなり重要。)

高確、超高確時は上乗せに設定差なし。

低確・通常の上乗せに偶数設定、奇数設定の差があり。
低確・通常時に弱チェリーはハズレ等で上乗せした場合、偶数設定ではほぼ最小ゲーム数の上乗せになる。
ハズレで50Gなどは奇数設定濃厚となる。


・朝一高確スタートに注目

設定変更後はモード移行アリ。
変更判別にもなるので朝は高確濃厚演出をチェックしよう。

設定変更時高確移行率

設定1~4  20%
設定5・6   35%
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
わたしが競馬を初めてTVで観た時にその馬が輝いていたのを記憶しています!



後で知ったのですがマイルでは、ほぼ敵無しと言われていたあの馬を



トロットサンダー



出遅れようが後方からの一気は、全く競馬に興味が無かった幼いわたしの脳裏に焼きつきました



そこからです!わたしは当時、馬券等を買える年齢などではなかったので毎週TVの競馬を観て予想だけはしていました。



競馬の予想というものは、ハッキリ言いますと競争です。他の方達とただ単純にレースの展開や騎手の特徴、競馬場の特徴などを考慮して着順を当てる!



それだけの遊びではないでしょうか?



ですがお金が掛かってないと本気になれない!こんな方にはこちらをお勧めします。



http://www.keibaou.jp/
ウマネ~




こちらはお金を掛ける訳ではなく競馬予想バトルという週末に行われるレースを皆さんで予想して当たればお金が貰えるサイトです。



ただ単純にレースの予想をしている方達からしてみたら何にも無いところで本当か分からない情報を信じて一生懸命に赤ペン片手に当てたところで自己満足しか残りません



実際わたしが幼い頃にこのウマネ~があったのなら血眼になって予想していたのではないでしょうか(笑)



このサイトには初心者から玄人まで幅広く無料で競馬予想バトルを楽しんでいる方達がいます。



競馬は楽しんでナンボのものです!それ以上でもそれ以下でもありません!!



願わくば今のこの時代にあの最強マイラーがいたのなら、わたしはあの電撃の8ハロンに向かって大きな声で叫びたいです



ラスト2ハロンでの差せ!の声はきっと届くでしょう

FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事