FC2ブログ
みなさんのことを少しでも光で照らしてあげれたらな、と思います。 それが例えどんな小さな光でも・・。
パチンコの釘調整をする際に、大きく分けて2通りのタイプの店長が存在します。

1、同一機種なら、同じ回転数に合わせる

2、同一機種なら、一定期間で同じ出率に合わせる


1、は、出た台・出ない台は関係なく、分間スタートのみ見て調整するということです。
つまり、どの台も同じように回ることを目指して釘調整をする。


2、は、一定期間で出る台・出ない台の差を無くすように調整するということです。
1、に比べて、期間でデータを見ないとならないので、2、の方が難しいのは当然です。


つまり、ほとんどの店長は1、のタイプです。

実際のところ2、の方が進んだ考え方で、集客も増えるタイプなんです。
ですが、2、で釘調整されてるパチンコ店は少ないのが現状。

そこから考えましょう。

1、のタイプが多いということは

出た台、出ない台は、関係なく釘調整されることになります。

パチンコで客は「この台は今日出たから、明日閉めるだろう」と予想する人もいますが、だいたいの場合そいうことではなかったりします。

1、のように考えると、

パチンコに慣れてない人が遊技して回らなかった台は、翌日釘を開けられる可能性が高ということです!!
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
スポンサーサイト



パチンコ店から送られてくるメルマガについて。

登録してる方はどんな読み方をしていますか?
おすすめな読み方を書きますので参考にしてみてください。

まず、メルマガですが、店長が直接送る場合が多いので、内容の濃い所が多いです。

特に20:00~9:00までにくる営業メールは重要です!

パチンコ店内のイベント告知は、数日前から用意する必要があります。

そして、どうしてもイベント数日前だと、粗利のペースが当日までどうなるか分かりません。
故に、店内イベント告知はアバウトになります。

それに比べて、前日の夜or当日の朝にくるメルマガは、粗利の状況がはっきりした状態で店長が考えたメールということです。

例えば、

思ったより粗利が取れている場合 → 営業メールでイベント告知内容以上の奮発したものを用意する旨を急遽唄い、稼動を稼ぐ。

逆に計画より粗利が取れてない場合 → 営業メール自体に具体的な内容の意気込みが少なく、店内告知と同様のメールになる。

つまり営業メールから

・粗利状況

・店長の稼動の欲しさ

を読みとりましょう。
そのパチンコ店が明日出すかどうかある程度読むことも出来るはずです。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
関連新聞記事2


関連新聞記事9


関連新聞記事10


関連新聞記事11

記事をクリックすれば拡大して見られます。

FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
パチンコもスロットも、基盤はメーカー発表の確率通りになるとは限りません。

メーカー発表より 確率が低いと辛い

メーカー発表より 確率が甘いと甘い

個別台によっての甘い辛いではなく、新台で導入してくるメーカーの特性を書いてみます。
これは知り合いの店長の意見です。

例えば、
・「藤商事」はいつも辛い
・「ニューギン」の特別シリーズは甘くてお金が取れない
など、よく言っています。

パチンコの場合は、メーカー別で甘い・辛いが区分けされることが多いようです。

辛いメーカー → 藤商事、サンセイ

甘いメーカー → ニューギン

のようです。

・特に藤商事はゲーム性は良い機種が多いのに、辛く出るので人気が持続しない。
・ニューギンは時にものすごい甘い機種が出る。(もう釘ではどうにもならない)

そして、一番安定してるのは、三洋のようです。

打つ時に参考にしてみて下さい。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
例えばの話をします。

設定1 と設定6 だけで営業しますと 設定6の稼動率 > 設定1の稼動率  になります。
まぁ当然ですよね。

設定が解り易い機種ほど、この稼動の差は激しいです。

そして、客が多く集まるパチンコ店では、これを嫌う傾向にあります。

スロットイベントを行う際も、出来るだけ設定差をつけないようにする事が多いのです。
つまり、集客力のあるパチンコ店ほど設定1と設定6は使わないように考えるということです。

例えばイベント時も、設定2~4をメインで使用してどの台も万遍なく稼動するようにするように考えます。

このように設定によって稼動差が生まれるということは、客以上に店は考えています。
計画を立てる際にこれを考慮にいれないと、大赤字になったり、客が二度と来なくなったりしてしまいます。

それを逆手にとって、設定による稼動差をデータから考慮するのです。
しかし、そのデータは何日も貯めないとなりません。

非常に大変な作業ですが、できるならやりましょう。

しかし、共通して分かることがありますが、スロットの設定は6段階ありますが、大抵の店長は全設定を使わないです。
その機種にあう設定を3種類くらい持っていて、組み合わせて使う。こんな感じでしょう。

その店がどの設定を多く使うか、癖を読むのもよいでしょう。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
先日書いた記事に載せた詐欺関連新聞記事を他にも見たいという要望がありましたので、載せます。

参考にする方、気をつける方、様々だと思いますが騙されないようにしてください。



関連新聞記事5            関連新聞記事7


関連新聞記事6

関連新聞記事8


記事をクリックすれば拡大して見られます。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
先日に書いたパチンコ店の遠隔操作について様々なメッセージをいただきました。
今回はもう少し詳しく書いておきます。

何故パチンコ店がわざわざ億単位のお金を掛け、風営法のリスクを犯してまで設置するのか?
遠隔というものは利益を取る為にあるものではありません。

集客する為に使うんです。

パチンコ店の立場で考えましょう。
店で一番お客様を失う時は、いつでしょう?

簡単です。
イベントなのに出てなかった時!!
気合入れたイベントを実行し、集客し、全然でてなかったら客は納得しません。

逆に、土日とかで負けても客は「やっぱり土日は出ない!」と多少は納得するようです。

それではイベントについて考えましょう。
「イベントで出てない」というのは2パターンあるんです。

・初めから出す気がなかった
・出そうと思ったけど、出なかった

店にとって困るのは下のパターンです。

パチンコもスロットも羽物以外は確率の世界です。
1日単位できちんと割数を合わせるのは、難しいというより不可能です。

でも、遠隔があればそういう問題も起きません。


例えば、大型店で考えます。
200万赤字にする予定で出過ぎて450万赤字になったとしましょう。(極端な話です)

この差額の250万は完全な無駄玉です!
実際は他の日に回すべきものです。

しかし200万赤字で計画しても、100万利益がとれてしまうこともあれば、450万赤字になることもあります。
このブレをなくすのが、遠隔というわけです。

しかし、わたしの知り合いの店長は言っていました。
遠隔を設置していた時の、仕事がつまらなかったと。

ぴったりブレを合わせるのが店長の腕の見せ所!って感じで今ではとてもやりがいを感じられるそうです。


これはかなり余談になり、現在はほぼ聞かないようですが、遠隔を設置する店の条件がもう1つあるようです。

それは、店長が営業的に、初心者で済むとうこと。
業界経験が浅くても勤まりますよね。

FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
このブログを始めて、終始質問が絶えない遠隔操作について書きます。

誰もが不審に思われているパチンコ店の遠隔

果たして存在するのでしょうか?
知り合いの店長に聞いてきました。

10数年前にCR海物語が設置されていた時、1台8~9万円の遠隔操作用のコードは結構はよく取り付けていたとのことです!

しかも、スロットのハウス裏ロムと同じようで、好きな様に調整できたそうです。
更に、かなりのパチンコ店で導入されたということでした。

現在では、基本的に遠隔の装置は高額と言われているようで、下手したらパチンコ店1件建てる価格より高くなるようです。
つまり、そんな高額なものに投資して、元が取れるかが問題です。

わたしの知り合いの店長は結論上やめたということです。
しかし、店長いわくそれでも存在するようですね。

10年前と比べて、かなり警察がうるさくなっているのも現状のようです。
つまり、相当力を持っていて経済力のある法人でないと遠隔は設置できないとのこと。

逆に言うと下のようなパチンコ店には、遠隔操作はないと思って間違いないということです。

・チェーン店が15店舗以下の法人
・設置台数 400台以下の店

確実に上記のホールでは、経営上利益がでないそうですね。

確かに最近は新台の入れ替わりも激しいですし、そもそも台の値段が上がってきてるのに、1台1台に更に投資は危ないですね。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事