FC2ブログ
みなさんのことを少しでも光で照らしてあげれたらな、と思います。 それが例えどんな小さな光でも・・。
店が常に気にしていることはなんでしょう?

「稼動」そして「割数」です。

「稼動」とは、
明日どれくらいの客が入るか?
来週はどれくらいの客か?
こういった感じです。

店長には推測能力が必要です。
最低でも1ヶ月先までを読んで、営業を組み立てます。

「稼働」は皆さんも慣れた言葉でよく分かると思います。


それでは「割数」とは?

「割数」とは、その日にどれだけの利益を取るかを計画して、釘と設定で、利益額を合わす技術。
こんな感じで捉えて下さい。


ここから分かるのは、客にとってありがたいのは、間違いが起きた場合。
そして「間違って出てしまう日」ということになります。

これは理論的な根拠で述べるのはなかなか難しいことです。
しかし、店が失敗に陥りやすいケース、ナンバー1といっても過言じゃないそうですね。

それではどのような日にこの事態が起きてしまうのか聞いてきました。


・土日が平日に比べ一気に客が増える店の土曜のパチンコ

・本物のスロットイベント

・新台入替2日目のパチンコ

この3つが圧倒的に多いそうです。


理由も教えていただきました。


一つ目のパチンコですが、平日に客が少ないとどうしてもいい印象をつけたくあからさまに釘を開いてあることがあります。
そして、普段稼動の低い店が、土曜に客が一気に増えると割数が高くなる現象が発生します。


二つ目のスロットですが、設定変更した台が多いということです。
当然台にはむらがありますから、本物イベントでは計画以上に非常に甘くなることが多いです。


三つ目の新台入替についてです。
初日のパチンコは、出るかどうか店にもわかりません。
つまり、初日に出なかった場合は、2日目は出そうと力が入りすぎることが多いのです。

そして辛いところは、逆に初日に出た場合。
これは一気に釘を閉めるのはマズイと思い釘を締め切れないケース。


一~三までを考えると、意外と狙えるのは一番と三番です。
皆さんが利用しているホールで考えてみて下さい。


ちなみに三つ目ですが、釘調整が上手な店では初日には利益ゼロくらいにもっていきます。
そして、調整出来た時は、2日目もきちんと調整できてますので狙い目の店とはなりません。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
スポンサーサイト



集客の多いパチンコ店は一般的に釘をあまりいじらないと言われています。

釘を開けるということは、数日後にその分は閉めないとならないといことを意味します。
釘を閉めたのが、あからさまに分かると、客からの信頼は一気に減ります。

本当に集客に成功しているパチンコ店は、釘を大きく開けたり閉めたりはしないで、回る日と回らない日の差を少なくするように心がけていると聞きました。

「明日はメインイベントだから、思いっきり開けよう」まではいいのです。
それを閉めるのに、どうやって戻していくかが腕の見せ所とも言えます。

1日で開けた分を3日間掛けて閉めて元に戻す。
これが一番、業界では無難策とされてるようです。

客が少ないパチンコ店だと、イベントで出てしまった分を早く回収しなければならないと思い、1日で閉めてしまいます。
これはダメな例ですね。

全国でもパチンコ稼動トップレベルのマルハンは、敢えてイベント日には釘をあまり開けず、翌日ないし客が減りそうな日に釘を開けたりして、高稼働を保ってます。

パチンコの釘の閉め方に、店長の手腕が問われます。
うまく利用して、そのパチンコ店の優劣を判断しましょう。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
さて、あなたは以下の台があったらどちらを打ちたいですか?

・均等にへそ釘に玉が入るようになっていて、保留が4つになったりデジタルが停止したりすることなく、均等に回る状態。

・保留が4つ点いたり、デジタルが停止したりとデジタルの回転の波が激しい。

当然比較するのですから、1時間あたりの回転数が同じとして考えて下さい。


実際の回転数が同じならどちらが損得ということはありません。

しかし、だいたいの人は上の方と答えるでしょう。
入らないで画面が止まった状態という不快感がないからです。

その波のの有無は主に、寄釘と機種本来のゲージ構成によります。

寄釘で玉を逃がして、へそ釘を大きくしていると波が激しくなります。
波を無くそうと寄釘を甘くすると、へそ釘を閉めざるをえないので、見た目が回らないように見えてしまいます。

どちらも一長一短があり、店の好みです。

もうお分かりだと思いますが、機種のゲージでいうと、三洋系が波が少ないです。
大ヒットしたCR海物語のヒットした理由がこれです。

同じスタートでも、デジタルが停止している時間が少ないので客に安心感を植えつけたのです。

みなさんも海は回る、と思っていませんか?
海の釘の配置を決めた人は業界ではどれだけ有名なんでしょう。

ちなみに、波の他の要因として、台の傾斜、ステージ、道釘の角度等がありますよ。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
一つのパチンコ店で、パチンコ担当とスロット担当が別人の方が多いです。

店長と、もう一人でわける。こんな感じが多いですね。

大きく分けて2つの場合。

1、総台数が多いパチンコ店

600台以上ですと管理台数が多すぎる為、分けざるをえない

2、人材育成

将来的に店長を育てる為に、営業に携わり経験値を増やす


どちらがパチンコ担当、スロット担当なのかは、会社の方向性によるので、一概には言えません。

今回はマルハンの情報を入手したため、マルハンを例に出しましょう。
マルハンは店長が釘、もう一人が設定をやっている店が多いということです。

店長がパチンコ担当だと、スロットの設定やイベントはもう一人に本当に任せる事が多いです。

会話としては以下のような感じです。
店長「今月パチンコで利益6000万取るから、スロットで4000万取るようにしてください』

もう一人『今月スロットかなり厳しいので、パチンコで利益取って、その分スロットで出させてもらっていいですか?その分稼動上げます』


しかし、人間関係のさらには上司と部下です。
実際は店長が見ている方の稼動が上がりやすい傾向にあります。

マルハンは、店長がパチンコを見ているので、パチンコに比べてスロットの稼働率がどうしても悪かったり、とにかくどちらかが弱くなります。

だいたい店長がパチンコを見て、もう一人がスロットという方が多いようです。

しかし、現在のスロット事情を考えると、スロットを店長が見るパチンコ店の方が戦い抜いてるかもしれません。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
パチンコ店の換金所について少し掘り下げてみましょう。

まず、みなさんの知っての通り換金所は別会社になっています。
つまり、店長クラスでも交換所の仕事内容については、知らない部分が多いのが実状です。

「3店方式」という言葉をご存知ですか?
(分からない場合こちら「3店方式」へどうぞ。過去記事です。)

3店方式というのが、私営のギャンブル場であるパチンコ店のギリギリの合法性を守るものです。
(つまり換金所というより交換所という言葉の方が正確になりますね。以下交換所で書きます)

実は交換所では、古物商の免許が必要なんです。
分類としては質屋と同じ扱いになります。

交換所が別会社だとすると、交換所の儲けのシステムはどうなってるのでしょうか?
例を挙げます。
交換所は、5000円で客から買い取った景品をパチンコ店に5007円で売ることで得られる差額(7円)で利益を得ています。

一般的には、交換金額×0.0014~0.0026が利益といわれているようです。

例えば、1日にパチンコ店で1500万円景品交換があると

1500万円×0.002=3万円  

の利益になる計算です。

300万円売上のパチンコ店だと、利益は1日に6千円しかないという計算になります。

これが、交換所で働いている人が、高齢の理由です。
実はそんなに給料が良くないという事です。

高齢となれば、交換所での金銭間違いなどのミス率が上がり、接客重視のパチンコ店にとっては実は切実な問題点だったというわけです。

いくら店内で接客にかなり力を入れても、終わりがそれでは・・・と。
様々な背景があるものですね!

FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
ゴト行為、これは犯罪です。

しかし、ゴト行為を行って捕まると、どうなるでしょう?
捕まったことがある人ならすぐわかりますね。

実は有罪には、ほとんどならないのです。


理由は大きく2点。

・証拠不十分
・パチンコ・スロット台の特性を警察や裁判官に理解してもらうことが難しく違法性と断定しがたい(特に裁判員制度になってからなおさらです)


先日聞いた店長からの実話をどうぞ。

体感器を使い2万枚出してたので捕まえ事務所へ。

警察立会いのもとボディーチェック。

体感器と体中に線を張巡らせたハーネス発見。

しかし電池がみあたらない。

警察10人で店内を探しましたが、見つからない。

出玉没収、出禁

釈放

翌朝、ゴミ箱の下から電池発見。

警察に連絡。

すいません。諦めて下さい。

ゴト行為をやる人はほとんど捕まった時のことは考えてあります。
それを立件までもっていくことは非常に厳しいと業界ではよく言われているようです。


書類送検

裁判開始

有罪判決

ここまでいくことは、ほとんどないとのことです。


遊技台等を壊したりすれば、器物破損になります。
が、今のゴト行為はなかなか理解されずらいもので、パチンコ店はやられ損です。

それだけ、ゴト対策にはお金を掛ける店も多いです。

その分出玉を減らされるので通常の客にとっては迷惑な話なのです。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
今も昔もスロット業界は群雄割拠と言わんばかりに新作機種がどんどん出てきていますが、皆さんが好きな機種はありますか?

業界は今、荒波の中にいて、中々定番機種が作れない状況だったりもします

そこで、昔を振り返ってみると、一つの人気機種の寿命が永いんですよね

何故か?なんて言うのは愚問ですが、業界がまだ緩かったという事でしょうか?

4号機の時代を懐かしむ声をよく聞いたりもしますが

皆さんもやはり、4号機に思いを馳せているのでしょうか?

ですが、もう4号機はありません…そこで皆さんに紹介したいのは

TVのCMでも有名なモバゲーなんですが、こちらのSNSは過去の有名スロットが無料で遊べるのです

どうしても、あの時代を思い出したい!当時のATの音楽の中に溺れたい!

そんな方々にお勧めのものになっていますので、よろしければ是非

http://mbga.jp/AFmbb102.cWsA29ff2e8/?_from=mail_aff_mbb


PCの場合はこちら
http://yahoo-mbga.jp/?_ref=aff%3dygb111%2ecWsA29ff2e8

個人的には、PCから始めても携帯とリンクすると無料機能が増え便利だと思います。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
女性のみ入場可+スタッフ全員女性+全館禁煙

こんな店がオープンしたことがあります(大阪)

スタッフもただの女性でなく、中高年中心。
中高年層の女性をターゲットにした戦略でした。

そして2円パチンコなど。
貸し玉が4円の半額、換金も半額で長い時間遊技できることが売文句という最近ではよく見かけます。

しかし、実情は稼動はイマイチとのこと。

特色を出すというのは一つの戦略です。
が、逆に考えると正攻法で集客できないから色を出すともいえてしまうのです。

本当に実力があって、客に信用があれば正攻法の営業で十分営業が成り立つということです。

・10円スロット
・2円パチンコ
・女性専用
・スロ専にリニューアル

実はどれも苦し紛れの策だったりすることが多いのが実情。
正攻法の営業でライバル店に太刀打ちできないからという場合、結果だめです。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
大当たり確率が1/100前後で、その分大当たり出玉も少ない甘デジ機。
最近はパチンコ店での設置台数が伸びてきました。

甘デジ機の特徴を書きます。(一般機と比較)
視点は当然店視点。


・中古機価格が高い

一般の新台だと1ヶ月もすると20万円以上で購入した台が5万円ほどに値が落ちてしまう。
甘デジ機の場合は、値が落ちないで上がる場合もある。

店側としては何ヶ月か使ってから、購入代金と同じ値段で売却すれば機械代回収の心配がない。


・玉単価が低い

一般機に比べて、売上が低くなる。
だいたい20~30%くらい落ちる。

稼動より売上が欲しいパチンコ店はあまり甘デジを設置しない。


・思ったより辛い

『甘い』という言葉がつくのに、辛いことが多い。
釘を意識して開けないと、ぼったくり営業になってしまう。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事