FC2ブログ
みなさんのことを少しでも光で照らしてあげれたらな、と思います。 それが例えどんな小さな光でも・・。
パチンコの技術介入としては、「止め打ち」ですね。
正直、これくらいしかありません。

検証です。
止めうちの効果はあるのか?
あるなら、どのくらいあるのか?

止めうちができるのは
・大当たり時
・保留ランプ満タン時
のみです。

分かりやすい、大当たり時の止め打ち効果の検証です。

15Rの大当たりで、各ラウンド間のアタッカーが閉まっている間2秒止め打ちしたと想定。

2秒 × 14 = 28秒間 

28秒間で発射される玉数 = 約46発
46発中にスタートチャッカーに入る期待値を差し引きます

36発 得という計算

1回の大当たりで36発分の得という結果でした。

さあ、1回の大当たりで36発増えるということはどういうことかというと、
大当たり時の止め打ちをするとしないでは、理論上は0.5/千円のボーダーラインが変わってくるということです。

分かりやすく書くと

ボーダー19.6回の台

19.1回でもOK ということです

釘が甘い店は客による効果もあるということですね。

そんな店のスロットはまた期待できるかもしれません。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
スポンサーサイト



パチンコは釘!
今まで、当たり前すぎて、そんなに書いてはきませんでした。

しかし、パチンコは釘だけで調整されます。
雑誌などで様々な「攻略法」とか「必勝法」とかあります。

しかし、それは客視点で作られているもので、店側からすると、結局は釘です。
なぜなら、店長は釘で調整しているから、それだけです。

確かに、必ずしも回る台が勝てるとは限りません。
回らない台でも、大勝ちすることも有り得ます。


経営面から考えて下さい。
例えば、パチンコ台500台設置の店があるとします。

年商 80億円  利益率 10%  利益 8億円

この数字はどうやって作ると思いますか?
釘だけで調整されます。


仮にも釘の効力が少なく

年商 80億円  利益率 3%  利益  2億4千万円

となりますが、これではパチンコ店は簡単に倒産してしまいます。

ギャンブルとして考え、勝とうと思うなら、釘についての知識を身につけるのが正攻法になります。
信じられないかもしれませんが、シビアな時には、髪の毛1本分の厚さの釘調整も店長はやるんです。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
新台入替で新台の台数が多いほど、出玉を出さない傾向にあります。

新台の台数が多い→客が集まりやすい→出す必要がない。

新台を多く買った→その分粗利を多く取らなければならない。

どちらにしても、リニューアルオープンやグランドオープンでない限り『新台大量導入』というのはちょっと危険な可能性が高いです。

逆に新台の台数が少ない時の方が、『せめて出玉くらいは出さないと』と考えて出すことが多い。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
10日ほど前に非常に興味深い質問をいただきました。
さっそく調べて参りましたので、皆様もご参考になさってください。

              ~質問内容~

スロットのイベントを見極めよう!記事より)
スロイベントの見極めかたで質問させてください。
設置台数の1/3で5,6といった場合、計算数値上ではガセの可能性は高いと思うのですが、もしそのイベントが有名雑誌やTVなどとのコラボ企画であった場合も、ガセの可能性は高いでしょうか?

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

確かに気になるところです。

回答です。
ほぼガセだと考えて下さい。

雑誌に関して詳しく書きます。(同様、テレビもメディアなので調べた結果理由は同じでした)

前提として、雑誌を発行するにあたってスポンサーがあります。
(もしくは、自費出版)
スポンサーが、その店舗(グループ)であればガセでない可能性は考えられます。
でも、今までそんな出版の仕方はないそうです。

有名雑誌の時点で1グループが雑誌のスポンサーを全て担えません。
そして、結果「各グループ共同出資」(1割)、もしくは「雑誌会社が店舗に記事作成時名前を使わせてもらう事の承諾」(9割)という事まで教えて頂きました。

この時点で合同イベントはアテになりません。
広告と同じです。
日付がしっかり明記されていると、より人がたくさん来るので出てるように見える事もあります。

更に、雑誌のスポンサーはメーカーである事が多いのです。
記事には当然機種が載ります。

後に「合同イベントにより、この機種でこれだけでた。」などです。
さぁ、お気づきだと思いますが、その機種はメーカーにとって大切な宣伝材料ではないでしょうか?

雑誌会社はこの機種をどれにするか、打診します。
メーカーと金額が折り合えば、掲載という流れです。

合同イベントの大目的は、
・雑誌が売れる
・メーカーの印象を高める
・来客数を増やす
この3点だったのです。

・客への還元
これは入っていませんでした。

とあるグループにお聞きしましたところ、最初から客への還元をする場合、「通常のお店のイベントの出玉」で勝負するのが基本だそうです。

情報は大切ですが、取捨選択を間違えると大変な事になります。
貴重な質問ありがとうございます。

注意:完全に全て上記に当てはまるとは限りません。
もしかすると、パチンコ店の量から言っても、ガセではないこともあるかもしれません。
可能性は非常に低いと断言しておきますね。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
高設定台が多いから、客が多いという理由ではありません。

『いかにして低設定台を稼動させるか』にあります。


例えば  設定6 と 設定1 での稼働率で考えてみましょう。

下手すると、設定1は1日空台で、設定6だけ打たれる。
これでは、高設定台を多く入れることは出来ません。


設定1を打ち込んでくれる人が多ければ多いほど、高設定はたくさん入れることができます。

設定1を打ってくれる人が多い。
そういった客層が多い店ほど、高設定を多数入れてます。

客は全員が全員、出玉だけでパチンコ店を選ぶ訳ではありません。
出玉以外の部分でも努力している店が強いくなります。

接客や清掃やサービス等、力を入れている店がそうです。

マルハンが強い理由は、ここでしょう。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事