FC2ブログ
みなさんのことを少しでも光で照らしてあげれたらな、と思います。 それが例えどんな小さな光でも・・。
実は皆さんが勘違いされてる点があります。

かなりの期間、アイムジャグラーが設置台数1位をとっていました。
店は「台代が安くすんでいいよなー」なんて言葉もききます。

店側としては実は危機でもあったんです。

それは、店側のジャグラーという機種の位置づけが、メイン機種ではありましたが、トップ機種ではなかった点にあるのです。

そもそも、ジャグラーが他の機種に勝っている点は、何なのか?

・利益を取っても、客が離れにくいという点、これです。

理由は簡単で、客層が年配層に偏っていたため。
年配層は出玉に左右されにくく、他の機種や他の店に流れにくいという点があります。

つまり、ジャグラーは1度客を付けてしまえば、なかなか客が離れない機種だったのです。
それは何を意味するかというと、1度客を付けてしまえば、無理に高設定イベントをしなくても安定した稼動を見込めることでした。

しかし、これが設置台数1位となると、話は変わってきます。
ライバル店からお客様を引っ張る為の機種になります。

よって、無理なイベントを連発することになります。
そして、どちらかというと毎日気楽に打ちたい年配層は出玉が激しいイベントは嫌がります。
本当は静かに安定した稼動で営業するのがよい機種ジャグラー

最近は他の5号機の設置台数が増えて来ているので、店側はほっとしている現状だったのです。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
スポンサーサイト



パチンコの出方に関して、釘以外に何かある!とよく質問をもらいます。
しかし、現実、パチンコ店側が調整するのは、本当に「釘」だけです。

では、釘だけで勝ち負けが決まるのか??
それまた違います。

パチンコの勝ち負けの要素は

釘&確率 です

そして、確率の方が圧倒的に大きいのです。
しかし、この確率を読むことは不可能です。

釘を調整する人にとっても、確率がどうなるかは全く分かっていません。

故、「今日この台出る!」
と友達に言われても、確実ではありません。

(ちなみに、店員は絶対そんな台を指差して言いませんので。。)

しかし、それならば店はどうやって、利益を確保しているのか??
正直パチンコ1台1日では確率の要素が強く、釘ではどうにもなりません。

店側は観点が違います。
パチンコ300台を1週間単位で考えると、確率よりは釘の要素が強くなります。
パチンコ300台あって、1週間のトータルを赤字・黒字にするのは釘で調整可能なんです。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
イベントとは?

まず、発想として、
・本物?
・ガセ?
などと考えませんか?

これはやめましょう。(考えることが悪い訳ではないです)

パチンコ店側としては、イベントコーナー以外の辛いコーナーに座ってもらった方が利益に繋がります。
それでも敢えてイベントをやり、イベントを必死にスタッフが店前などで勧める理由はなんでしょう?

少しでも客が、長時間遊技して欲しいからなんです。
繁盛している店ほど客が長時間います。

同じ1万円使うにも、出来るだけ長い時間遊技してもらった方がパチンコ店としては、結果的に非常に良い方向に向きます。

ですから、イベントコーナーというのは、甘くなっているかどうかは一概には言えませんが、間違いないのは他のコーナーよりは、勝ちやすく調整されているということです。

イベントでガセにしておいて、イベント以外で放出する。そんな店はありえません。

イベントでもガセがあるという方が多いです。
が、その場合イベントコーナー以外はもっと酷いということ。

これを覚えましょう。

イベントでどれだけの調整にするかというのは、「勝てる台ですよ!」ではなく、「その店の中では一番甘いですよ」という意味です。

つまり、必ずしも赤字というわけではありません。

一番良くないパターンは、パチンコ店に入ってイベントコーナーを見たら、出てないので他の機種を打つ。
他の機種はイベントコーナーより出さない調整に決まっているので、その日はその店を止めるくらいの考えが良いです。

せっかく来たから・・・
は、怖いです。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
スロットに多かったラエティーコーナーですが、パチンコもバラエティーコーナーが増えてきました。

ここで店側に問題点が生じます。
というのも、普通は機種毎にデータを取って出玉調整をするのです。

バラエティーコーナーではそれができません。

1台毎にデータを見て調整しているのか?
まさかそんなことはありません。

実は意外とテキトーです。
バラエティー一括で管理、こんなとこでしょう。

個々の機種の出玉管理は細かくしていません。

どのくらいテキトーかというと、バラエティー全体として1ヶ月での利益率や稼動を見る程度です。
つまり、ある機種では甘く、ある機種では辛い。
機種によって出玉率の格差が大きくなります。

店側はそういうことが起こらないように、月の途中に甘い機種を閉めたり、辛い機種を開けたりします。
しかし、本音はバラエティーに時間を費やしたくない、なんです。

稼動が落ちたら機種変えればいい。。
月間の出玉管理に時間を取られたくない。

本音を聞いてきました。

ということは、ずっと甘い機種も存在してしまうことも多々あるようです。
バラエティーコーナーはどの店でも、テキトー営業の調整なので考えようによっては、狙い目の機種もあると思います。

聞いたところではバラエティーでの狙い方は、甘いスペックの機種だそうです。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事
先日、何とも言えない質問を頂きましたがお答え致します。

1年を通して6月、7月など、これといって大きな行事が無い時期のパチンコ店ではどの店に行ったらいいのか?
特に、今。

こういった質問でした。

単純に答えます。
お盆明けまでは、どの店も近隣の店舗を見ながらの営業で本気で出してくる店は少ないのです。
とにかく、最低限極悪営業のパチンコ店は避ることが大事です。

基準は
平日の14~16時頃に、台数の半分以上客がいる店

400台のパチンコ店なら200人。
この辺りが店の利益から考えて安定するのです。
つまり、客に還元できるラインという事になります。

結局、出てない店ほど客離れが激しくなるので、客の人数で出玉の度合いをある程度計りましょう。


FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



関連記事