みなさんのことを少しでも光で照らしてあげれたらな、と思います。 それが例えどんな小さな光でも・・。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



パチンコ店の換金所について少し掘り下げてみましょう。

まず、みなさんの知っての通り換金所は別会社になっています。
つまり、店長クラスでも交換所の仕事内容については、知らない部分が多いのが実状です。

「3店方式」という言葉をご存知ですか?
(分からない場合こちら「3店方式」へどうぞ。過去記事です。)

3店方式というのが、私営のギャンブル場であるパチンコ店のギリギリの合法性を守るものです。
(つまり換金所というより交換所という言葉の方が正確になりますね。以下交換所で書きます)

実は交換所では、古物商の免許が必要なんです。
分類としては質屋と同じ扱いになります。

交換所が別会社だとすると、交換所の儲けのシステムはどうなってるのでしょうか?
例を挙げます。
交換所は、5000円で客から買い取った景品をパチンコ店に5007円で売ることで得られる差額(7円)で利益を得ています。

一般的には、交換金額×0.0014~0.0026が利益といわれているようです。

例えば、1日にパチンコ店で1500万円景品交換があると

1500万円×0.002=3万円  

の利益になる計算です。

300万円売上のパチンコ店だと、利益は1日に6千円しかないという計算になります。

これが、交換所で働いている人が、高齢の理由です。
実はそんなに給料が良くないという事です。

高齢となれば、交換所での金銭間違いなどのミス率が上がり、接客重視のパチンコ店にとっては実は切実な問題点だったというわけです。

いくら店内で接客にかなり力を入れても、終わりがそれでは・・・と。
様々な背景があるものですね!

関連記事
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://firefly622.blog31.fc2.com/tb.php/216-4602989e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック