みなさんのことを少しでも光で照らしてあげれたらな、と思います。 それが例えどんな小さな光でも・・。
ぜひ知っておいてください。

分かってると思っていても、いざ自分が巻き込まれると混乱するものです。
そんな時は今この記事をよんでるあなた、この記事を是非思い出して下さい。

最近は悪質商法の相談が増えています。
相談内容で最も多いのは「契約に関するトラブル」です。

実際全体の74,3%も占めています(2009年度)
手口が巧妙化、多様化してきています。



現在のような春に最も多いのは入学、就職などで新生活を始める人を狙った手口です。
「抽選に当たった」「見るだけでよい」など、とにかく営業所たるところに呼び出します。
そして、商品や、サービスの契約を迫る形が一番多いですね。
若い販売員が異性を勧誘することが多いです。

旧来はこんな感じでした。(当然現在も絶えず、大半を占めています)

最近急増しているのは、やはりパソコンや携帯のインターネットを使った不当請求ですね。



有名芸能人の悩みを聞いてほしいなどと、マネージャーを語るものからメールが届きます。
メールのやり取りを頻繁に行い信用させて、後日謝礼を出すからと、メールの利用料を払わせたりする。

被害を防ぐために一番いい方法はやはり手口を知ることです。

手口はホントに単純です。

架空・不当請求
ハガキやメールで身に覚えのない請求が届く。

対策:請求先には絶対連絡をしない。するなら市の相談窓口や警察に相談を。
ハガキは怖いですね。実際住所が割れてるということになりますから、適当に流さず少し考えましょう。

マルチ商法
「販売組織に加入すればもうかる」という甘い勧誘。自分が勧誘できなかったために借金をかかえることになります。

対策:まず、儲け話にはとびつかない!!

キャッチセールス
アンケートなどのふりをして営業所に連れて行き、契約を迫る

対策:声をかけられても付いていかない
芸能人スカウトなど要注意です。

トラブルに巻き込まれないためには

1、いらないときは「いらない」とはっきり断る

2、サイン、押印は慎重に。実は口約束も要注意。

3、うまい話な安易にのらない

4、できれば買う前に家族や友人に相談を

5、契約書の内容はよく確かめて

6、前払い、クレジット購入は慎重に

最近は市でも専門の窓口を設置したりしています。
少しでも不安を感じたら市の相談窓口や警察に相談しましょう。

もし、この記事に辿り着き現在お困りの方、いらっしゃったらフォームから匿名でも構わないのでご連絡ください。
消費者行政センターを紹介いたします。

他にも市では司法書士による相談、遺言、不動産登記などの相談、税務、会社での困りごとなど専用の相談員がいるはずです。

当然交通事故の示談方法などから耳、口が不自由な方の困りごとの相談もやっているはずです。

遠慮せず相談にいってみましょう!

一番多いのは多重債務、保証人問題など、サラ金、クレジット問題ですかね。
わたしに連絡をいただければ借金専門の司法書士を紹介します。(匿名でけっこうです)

当然市でも対応しているはずです。

みなさん、悩み事は必ず一人で悩まないでください!!



ファイブ    AIR    FC2    人気







関連記事
FC2       人気       殿堂           くつろぐ      とれまが      ファイブ      AIR



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://firefly622.blog31.fc2.com/tb.php/94-94ecd4a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック